HOME > 介護福祉士受験対策講座 >介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事内容
 
●介護福祉士とは
 
別名ケアワーカーと呼ばれる介護福祉士は、自力で日常生活を営む事が困難な老人や障害者をサポートできる唯一の国家資格で、ご当人と介護者に対して、介護に関する指導やアドバイスを行う立場にもあります。
 
●活躍の場所
 
資格取得後は、社会福祉施設や老人ホーム、障害者施設などで専門職員として従事するのが一般的ですが、医療機関やケアつきマンションなど、介護の必要な家庭でホームヘルパーとして活躍する人も多数います。
 
●将来性と安定性
 
高齢化、核家族化の進行で家族だけで介護をすることが困難な現在、介護をプロの仕事として頼むニーズは高まっています。介護保険制度の導入により、この有資格者の重要性は増しています。
 
大きく変わる介護保険制度
2006年春からの介護保険制度の改正に伴い、要支援・要介護1の一部が介護予防サービスに移行します。
今後の介護予防サービスの利用見込みに対し、介護予防のスキルを身につけているヘルパーが不足することが予想され、当講座ではこうしたスキルをいち早く身につけ、真に求められるプロの介護職を養成します。

ニチイの資料請求(無料)出来ます
↓↓↓